文芸賞応募基準・応募条件

応募基準

部門応募基準
注意事項
創 作1人1編400字詰原稿用紙50枚以内 
ワープロ、パソコン原稿の場合はA4用紙(ヨコ仕様)にタテ書き、
30字×40行、11ポイントをを原則とする
ぺージ番号を付ける
原稿例
随 筆1人1編400字詰原稿用紙5枚以内
パソコン等原稿の場合は12ポイントを原則とする
ページ番号を付ける
原稿例
令和4年度より6枚から5枚に変更
1人1編

400字詰原稿用紙を使用
長短を問わない
パソコン等原稿の場合は12ポイントが原則とする
ページ番号を付ける
原稿例
令和4年度より2編から1編に変更
短 歌1人10首400字詰原稿用紙を使用
枠外(右側の余白)に題名をつけ、歌、句の行間はあけない
原稿例
俳 句1人10句400字詰原稿用紙を使用
枠外(右側の余白)に題名をつけ、歌、句の行間はあけない
原稿例
川 柳1人10句400字詰原稿用紙を使用
枠外(右側の余白)に題名をつけ、歌、句の行間はあけない
原稿例

・作品には必ず題名を付け、原稿用紙(短歌・俳句・川柳は右側余白)と出品票の両方に記入する。

・原稿用紙には出品者名を記入しない。

・各部門とも点字による応募は用紙の制限をしない。

応募条件

①応募作品は自作で未発表のものに限る。

②出品票に必要事項を記入し提出する。(黒インク又は黒ボールペンを使用し、分かりやすい書体で)

➂応募の際は、封筒の表面に「〇〇部門」と朱書きする。

④応募作品は一切返却しない。また、提出後の作品の修正・差し替えは受け付けない。

⑤パソコン等による作品で入賞の場合は、電子データの提供を求める場合がある。

⑥万一第三者の権利侵害等のトラブルが発生した場合は応募者の責任利、主催者は一切の責任を負わない。

⑦募集要項の規定に反する作品は失格とすることがある。



その他

令和4(2022)年度より8月26日(金)までに入賞者に対してのみ結果を通知するとともに、栃木県ホームページ、新聞等に発表する。

栃木県芸術祭審査結果

SNS

リンク